スポンサーリンク



お金のこと

新車・中古車をクレジットカードで買うときのメリット・デメリット

スポンサーリンク

車を買う時にクレジットカードで支払ができることはご存知でしょうか?

今ではクレジットカードの所有が当たり前の時代なので、クレジットカード決済できると嬉しいですね。

本来、車を買う時の支払方法と言えば、現金かローンかというイメージが強く、クレジットカードのショッピング枠での支払いが出来ること自体、知らない方が多数いらっしゃいます。

クレジットカードで支払いができると、ポイントも貯まって嬉しいですよね!

今日は車をクレジットカードで購入するメリットデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

カード可の店舗はどのくらいあるのか?

まず、クレジットカードが利用できる店舗ですが、新車や中古車販売店合わせて半分くらいで利用できます。

意外に思われるかもしれませんが、利用できるところは結構多いです。

しかし、注意する点がいくつかありました。

車をクレジットカードで支払う時の注意点

新車の場合

新車はディーラーから購入します。

クレジットカードの使用はというと、基本的には使えます。

ただし、使える金額に制限があることが多く、多くても50万円ほどです。

残りの金額は、現金で支払うことになります。

なぜ制限があるかというと、お店が払う決済手数料が高額になってしまうからです。

決済手数料なんて大した金額ではないと思うかもしれません。

しかし、200万の車で決済手数料が5%ならば、ディーラー側はクレジットカード会社に10万円も支払わないといけません。

したがって、自動車メーカーは、決済手数料を減らす為に独自のクレジットカードを展開しているところもあります。

トヨタはTS CUBICカードを発行していますし、日産は日産カードを発行しています。

これらのカードを所持していても、車両代すべてをカード払いすることはできないので注意しましょう。

他にもスバル・ホンダ・マツダ・三菱からもクレジットカードを発行できます。

しかしながら、特筆すべき点はないので、年会費無料で、ポイント還元率が1%以上の、他社クレジットカードが利用可能ならそちらを使用した方が良いです。

スポンサーリンク



中古車の場合

ディーラー系の販売店であれば、車両代の一部クレジットカード払いの可能性はあります。

しかし、独立系の販売店では決済手数料が、利益を圧迫するので、お店によりけりです。

店頭にクレジットカードの各種ロゴが表示されていれば、まずは店員に確認しましょう。

カード払いが可能の場合は、何%カード利用者が決済手数料を負担するか、しっかり確認してから利用するようにしてください。

説明もなく負担させられることが結構あるので、注意してください。

輸入車の場合

JCBカードをお持ちの方に朗報です。

輸入車であれば、販売代理店でJCBカードの全額支払い可能です。

ただし、楽天やイオンが発行しているJCBではなく、JCBが直接発行しているカードになります。

一覧は

“]

購入にはおそらく一時的に上限をあげないといけないと思いますので、JCBに直接電話をして購入日までに上限をあげましょう。

ネットは簡単ですが、上限500万までの制限があるので、ほとんどの場合は電話した方がいいです。

3日もあれば審査結果がわかります。

BMWは、BMWダイナースカードでも、購入できます。

ただし年会費25,000円と少々お高いですがステータスのあるカードで、限度額はありません。

スポンサーリンク


クレジットカードで車を購入するメリット

支払時期を翌月翌々月にずらせる

例えば200万円の車の支払い方法として、ローンで180万円、頭金20万円の現金を払わなければならない時に、クレジットカードで20万円決済することが出来ます。

一括払いだとしても、カード決済した20万円は翌月または翌々月に銀行口座から引落しになるので、家計的にも賢い支払方法です。

大量のポイント獲得やキャッシュバックを受けられる

何十万、何百万もする車ですから、クレジットカード払いにすれば、ポイントが大量に付きます。

クレジットカード払いを価格交渉に利用できる

決済手数料の存在から、新車・中古車をクレジットカードで購入することは難しいです。

そこで、クレジットカード支払いを諦めて価格交渉に利用することも手です。

まずは車両価格の値引き交渉をします。

契約のところまで来た時に、カード払いでの契約を提案してみます。

クレジットカード払いをお店側が難色を示したら、即決する旨を伝えると決済可になったりします。

もしダメなら、ポイント還元分に相当する額を最後に引いてもらうように提案しましょう。

決済手数料よりも、ポイント還元の方がパーセントは低いですからね。

あくまでも最後にクレジットカード払いを提案しましょう。

最初から提案すると、その分が車両代に含まれていたりするので、最後の一押し程度に考えてください。

スポンサーリンク



クレジットカードで車を購入するデメリット

クレジットカード決済手数料がかかる事が多い

カード払いで説明した通り、車販売店には数%の決済手数料が請求される仕組みになっています。

例えば200万円の車をカード決済する時、5%の決済手数料がかかるとすると10万円も支払わなければなりません。

それをお客さんに負担してもらわないと、利益が減ってしまうので、車両価格200万円とは別に10万円のカード決済手数料がかかることがよくあります。

分割払いを希望ならカード払いよりローン払いの方が安い

車の購入は分割払いを希望する方も多くいると思います。

しかしそのような状況では、ローン払いを選択した方がよいです。

ローン払いの金利手数料は数%程度ですが、クレジットカードの分割払いの場合、分割回数を増やせば増やすほど金利が上昇していきます。

例えば、分割6回なら平均12~13%、最大36回なら平均15%の年間金利になります。

これがローン金利だと4~5%程度です。

このようにカード払いは、分割手数料がかからない1回2回での支払いでないと、メリットがないです。

スポンサーリンク


まとめ

このように、クレジットカードを使うメリットとデメリットがあります。

手持ちに余裕がない時、手軽にクレジットカードが使えるととても便利で、ポイントも大量にゲット出来ます。

しかし、決済手数料がかかること、分割支払い時はローン払いも検討しなければ、かえって高い支払にもなりかねないことに注意しましょう。

家と車と保険は、人生の3大高額購入品と言われています。

契約書をよく確認し、わからないことは必ず相談するようにしましょう。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST