スポンサーリンク



ブログ関係

ads.txtファイルが含まれていないサイトがある場合の対処法

スポンサーリンク

こんにちは。

Google adsenseの画面を見てみると、「要注意 ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

と見慣れない警告メッセージが表示されているではありませんか。

これはすぐ対応しないといけないな、ということでさっそく調べて対処しましょう。

スポンサーリンク

ads.txtって?

ads.txtを噛み砕いて説明すると、悪用され、意図しない広告を勝手に表示されないようにするためのものです。

ads.txtというテキストデータに、自分の広告IDを載せたファイルを作成しアップロードすることで、自分が設定した広告のみ表示してくれるようにするものです。
スポンサーリンク


ads.txtを設置しないとどうなるの?

現状でads.txtの設置は必須ではありません。

ads.txtを設置していなくても広告の配信が止まることはありません。

逆に正しく設置できていない状態が続くと、そのサイトで広告の配信が止まってしまいます。(アカウントの停止ではありません)

もし ads.txt を正しく設置できる自信がないのであれば設置する必要はありません。

※警告文が「要注意 – AdSense サイト運営者 ID が含まれていない」から始まる場合は対処しないと広告配信が止まります。

しかし「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」の場合は、ads.txtを設置していないサイトがあると言っているだけなので気にする必要はありません。

警告メッセージが消えないのは気になりますが、ads.txtを設置してもいいし、設置しなくてもよいそうですね。

でも今回はせっかくなので設置しましょう。
スポンサーリンク



ads.txtの設置の仕方

ads.txtファイルの作成

ads.txtファイルを作成します。

テキストドキュメントを新規作成し、ファイル名をads(必ず小文字)にする。

拡張子が表示している場合はadsだけつければ勝手に.txtがつくのでその名前で大丈夫です。

拡張子が表示されていない場合はads.txtまでファイル名をつけてください。

ファイルの中身には以下の内容をそのまま入力してください。

ads.txtのファイルの中身

google.com,pub-0000000000000000,DIRECT,f08c47fec0942fa0

pub-の後ろの部分はGoogle adsenseで調べたIDを入力します。

Google adsenseのメニュー「アカウント」→「サイト運営者 ID」

ここに記載されているpub-以下の番号を先ほどつくったadsファイルに入力してください。
スポンサーリンク


XSERVERにads.txtをアップロードする

XSERVERにログインしファイル管理画面を開いてください。

ファイル管理を開いたら、次に自分のブログ名のフォルダを開いてください。

そこに「public_html」があるので開きます。

右側の「ファイルを選択」から、先ほど作成したads.txtを選択し、「アップロード」を押してください。

左側に「ads.txt」があればアップロード完了です。

念のためアップロードが上手くいっているかも調べておきましょう。

https://自分のサイトのドメイン/ads.txt

で検索し、入力した内容が出てくればアップロードはうまくいっています。

あとは半日から1日もすれば、警告文は消えます。

以上です。

何かの役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST