スポンサーリンク



犬のこと

犬の治療費の平均

スポンサーリンク

犬の治療費ってどのくらいかかるかわかりますか?

自由診療なので値段はバラバラですし、人間のように保険はないので、驚くべき金額を請求されることもあります。

今日は犬の治療費についてどのくらいかかるのか紹介します。

スポンサーリンク

治療費について

初診料(診察料)1,000円
再診料600円
時間外診療1,800円
レントゲン検査(1枚)4,000円
耳掃除(外耳炎軽度)1,500円
耳掃除(外耳炎重度)3,000円
尿検査1,600円
糞便検査1,600円
血液検査(一般項目)5,000円
採血料1,000円
フィラリア検査(キットのみ)2,000円
心電図検査3,000円
エコー検査5,000円
細胞診検査5,800円
病理組織検査10,000円
細菌検査2,500円
注射(別途薬剤)1,000円
点滴(別途薬剤)3,500円
入院(一泊)小型犬 3,000円
中型犬 3,500円
大型犬 4,000円
超大型犬 4,500円

 

麻酔料局所麻酔 1,800円
全身麻酔(注射) 6,500円
全身麻酔(吸引) 9,400円/時間
鎮静 3,000円
輸血料(100ml以内)7,600円
モニター監視1,000円
緑内障・白内障手術52,000円
眼瞼手術16,000円
耳形成・断耳手術22,000円
外耳道・外耳炎手術22,000円
犬歯切断手術3,300円
頸静脈切開手術16,000円
開頭手術55,000円
食道・気管手術32,000円
開心手術63,000円
肺切除手術54,000円
横隔膜ヘルニア手術43,000円
卵巣・子宮摘出手術26,000円
臍・ソケイ・会陰ヘルニア手術29,000円
前立腺摘出手術37,000円
腸閉塞・腸重積手術35,000円
肝臓切除手術39,000円
腎臓摘出手術43,000円
腹腔内腫瘍摘出手術41,000円
膝蓋骨脱臼整復手術36,000円
骨折手術39,000円
靭帯断裂整復手術40,000円
椎弓切除手術50,000円
断尾手術16,000円
断脚手術34,000円
創傷手術14,000円
乳腺腫瘍摘出手術32,000円
尿道手術31,000円

この表は小型・中型犬の平均値を載せています。大型犬になると、投薬量や施術範囲が広くなるので、これより若干治療費が上がると思われます。
スポンサーリンク



犬の高額治療ベスト5

1位・・・がん
2位・・・心臓病
3位・・・腎臓病
4位・・・椎間板ヘルニア
5位・・・皮膚病・外耳炎

年間でかかる治療費の平均

[visualizer id=”213″]

上のグラフは一年間でかかった治療費のグラフです。

動物病院は自由診療とはいえ、簡単な問診や薬の処方ではそこまで金額はかかりません。

おおよそ1万円からそれを少し超えるくらいが過半数を占めていることが分かります。

3万円以上かかっている場合は、外耳炎のように治療に時間がかかるものから、手術が必要な場合です。

[visualizer id=”216″]
こちらは通院と手術・入院の割合です。

治療費のほどんどが、通院による処置のものだということが分かります。

スポンサーリンク


まとめ

犬の治療費についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

意外とかかるんだなという意見や、思ったよりはかからないなといろんな意見があると思います。

しかしガンや心臓病にかかると、手術と入院費で20万以上請求されることがあります。

いざというとき、適切な治療を受けられるように、保険に加入することをオススメします。

近いうちにペット保険について個別分析をしていきますので、ぜひそちらも読んでいってください。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク