スポンサーリンク



仕事

転職するメリット・デメリット

スポンサーリンク

転職を考えたことありますか?
人間関係や収入アップ、スキルアップなど人によって色々事情があるでしょう。
それを解決する手段として、転職を考える人が多いと思います。
仕事を変えることは大きな決断です。
生活も変化します。
転職をするメリットとデメリットについてしっかり把握してから臨みましょう。

スポンサーリンク

メリット

年収アップ

転職は収入改善の有力候補です。
同じ時間を過ごすなら、時給が高い方がいいです。
時間はみんな平等に消費します。
無駄にはできません。
転職する際はペースアップや生涯賃金に気をつけましょう。
モデルケースの最大金額で入社した場合、それ以上昇給しないところもあるので注意が必要です。

自分の価値をアップさせることができる

新しい職場では、その会社でしかできない仕事や、これまでと違う役回りや考え方を求められることになります。
始めは大変ですが、乗り越えれば、大きな武器と経験が手に入ります。

自分の時間や家族と過ごす時間を作ることができる

終電まで仕事をするようなスタイルはやめましょう。
いつか身体を壊します。
早く退社した時間で自己啓発や趣味、家族と過ごす時間を作ることで人生を豊かにしましょう。
特に子供やペットはあっという間に成長し、離れていってしまいます。
一緒に過ごせる今を大事にしてください。
一生涯の大切な思い出になります。

人間関係や人事評価をリセットすることができる

1度壊れてしまった関係や社内評価を良くすることはかなり難しいです。
しかし転職によってリセットすることが可能です。
人間は歳を取ると考え方が固まってしまう傾向にあります。年配の人の評価を覆すことは、かなり困難だということを覚えておいてください。
転職すると新たな関係構築が必要になります。その時は社内への影響力が強い人、弱い人をすぐに見極めましょう。
仕事をしやすくしたり、周りへの評判を良くしておくと後々の評価に響いてきます。

デメリット

転職貧乏になる可能性

転職することによって年収が下がることもあります。
残業が少なくなったためや、求められていた結果を出せなかったり、中には労働契約を無視する会社もあります。
また、ボーナスをもらい損ねたり、退職金も自主退職ということで満額はもらえません。
しかし、最近は企業型の確定拠出年金を導入している所もあるので、退職金を引き継ぐことができる場合があります。

入社するまで、本当の会社の事情はわからない

面接でうちの会社はブラックですという会社なんてありません。
業績や評判、生涯賃金や昇給はあらかじめネットで調べましょう。
社内事情を書いてる人もいるので参考になります。
特に退職理由は為になります。
サイトに書かれていることは、話を盛ってるんじゃないかと思われがちです。
しかし、私や友人の経験上、ネットの評判はほぼ事実でした。
事実でないと名誉毀損で訴えられますからね。

1から人間関係を構築しなければならない

転職後の人間関係構築は大変です。
やりたくない仕事を引き受けて恩を売ったり、自分に非がないことでも表に立って謝らないといけないので大変です。
どんな人がいるかは入社してからでないとわからないので、転職後の人間関係には気をつけましょう。

転職には時間がかかる

転職の流れは、書類作成→求人への応募→面接2.3回(+試験)→内定の手順を踏みます。
転職活動を開始してから内定までに最低1ヶ月ほどかかります。
知人からの紹介や複数の転職エージェントに登録して効率的に進めましょう。
履歴書や職務経歴書の添削はエージェントに行ってもらうといいです。
しかし、エージェントは入社を決めてもらわないと、収入に繋がらないので、微妙な会社でも無理矢理入社させようとしてきます。
第1印象で迷ったり、何か違和感を感じたら、1度冷静になってよく考えましょう。
エージェントに相談しても、入社した方がいいというような回答をもらうことが殆どです。
人生がかかっています。
最後は自分だけで決断しましょう。

転職回数が増えること

すぐやめてしまう人なんじゃないか、トラブルメーカーなんじゃないかと、回数が増えるとあまり良い印象はないです。
しかし最近はいろんな会社で採用されてる(評価されてる)という考え方も広まってきているようです。

まとめ

転職にまつわるメリット・デメリットをまとめてみました。
転職によって、現状のどんな不満を解決したいかによって会社を選ぶ基準は変わると思います。
したがって、ここでは一般的なメリット・デメリットについてまとめさせてもらいました。
この記事が少しでも役に立つと幸いです。

スポンサーリンク