スポンサーリンク



仕事

転職を考える時と転職理由の考え方(言い換え方)

スポンサーリンク

転職したい時ってどんな時ですか?
給料を上げたい、長時間労働から解放されたいなど人によっていろんな理由があると思います。

今日は転職を決めるべき時と転職理由の考え方についてまとめます。

スポンサーリンク

不満点を書き出す

我慢できるかできないかを、それぞれ判別していく。
我慢できないことが半数を超えるか、どうしても譲れないこと、生命に関わること(日常的に長時間労働が続いている、もしくは危険な労働環境)であれば転職しましょう。

転職して叶えたいことを書き出す

不満の逆が殆どだと思います。
全部を叶えることは難しいので、1番叶えたいことと2番目に叶えたいことを軸に会社を探します。

これまでの入社理由と転職理由(退職理由)を書き出す

入社理由と転職理由(退職理由)をこれまで経験した会社分書き出します。
入社理由はその時叶えたかったこと、転職理由はその時の不満点からきていると思います。
うまく整えて一貫性を持たせましょう。
なるべくポジティブな意見になるように整えます。

転職理由と入社理由の例

長時間労働→努力や成果に見合う評価が欲しい。効率的に仕事をしてさらに成果を挙げたい。

収入が低い→責任を持ちながら成果を認めてくれる環境で働きたい。努力や実績を正当に評価してくれる環境で働きたい。

人間関係→周囲と協力しながら仕事をしたり、チームワークを活かした働き方をしたい。

同じ仕事の繰り返し→いろいろな仕事ができて成長が実感できる環境で働きたい。
自分の意見やアイディアを活かして、新しい仕事にチャレンジしたい。

成果主義で足の引っ張り合い→チームワークで一体感を持って仕事をできる環境を求めている。

達成できないノルマ→適正な目標の設定で達成感を感じながら仕事ができる環境で働きたい。
顧客と腰を据えてじっくりとやり取りをしていける環境を求めている。

こんな感じです。
一般的な転職理由に当てはまるように考えてみました。
あとは自分なりに肉付けをして、文章や発言に具体性を持たせてください。

まとめ

転職理由と入社理由がしっかりしていれば、他の質問にも狼狽えることはなくなります。
自分が嫌なことと、好きなこと(求めていること)がはっきりわかっていますからね。
これを軸に質問に答えられます。
この部分に一貫性がないと、答えにズレが生じ、すぐ辞めてしまうという印象を与えるだけになってしまいます。
転職理由と入社理由はしっかり準備して転職活動に臨みましょう。

スポンサーリンク