スポンサーリンク



仕事

経理・財務の違いと共通点

スポンサーリンク

経理と財務の違いって知ってますか?
中小企業だと経理の人が財務もやってたり、経営者だけが資金繰りと調達をしたりと、境界が曖昧なことが多いです。

しかし上場企業レベルになると部署も別れて全く違うことを行います。
今日はその違いと共通点についてお伝えするので、今後のスキルアップ・キャリアアップや転職活動のお役に立てると幸いです。

経理の仕事
仕訳
債権債務の管理(取引先の与信や支払遅延の管理)
入出金管理
決算(単体決算課・連結決算課に別れてるところもある)
税務申告(法人税・消費税等)・税務調査対応
固定資産管理(規模が大きいと、独立した課も存在する)
新会計ソフト検討
関連子会社指導
原価計算(独立した課も存在する)

以上のように、日常的な入出金の管理をします。

財務の仕事
資金調達
事業計画作成
予算作成・予実の管理(管理会計課として独立してることもある)
資金繰り管理
資金運用(投資有価証券の運用)
為替管理(通貨オプション等)
M&A検討

ここでの資金管理は全体的なお金の流れの管理です。

株主総会の対応や有価証券開示もありますが、経営企画部としてさらに別の部署として独立していることが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

経理は決算書の作成を目指し、財務は決算書を基に資金管理と調達を行います。

これ以外にも、経理はルーチンワークや雑務が多いですし、財務に比べて給料が安く発言力が弱い傾向にあります。

困ったら会計基準にのっとれば大丈夫だし、ミスはできませんがプレッシャーは財務ほどはありません。

一方財務は、クリエイティブな仕事が多く、考えることが好きな人にはとても楽しいです。給料も経理と比較して高いです。

しかしながら、資金がショートすれば財務の責任なので、プレッシャーはすごくあります。

もちろん資金を潤沢にし、売掛金の回収がしっかりできてればそこまではないのですが…

また、経理と財務の仕事を一緒にしている会社ほど不正が多いので、業務は経理と財務で分ける。もしくは複数人で担当した方が、ガバナンスとして良いです。

経理も財務も収益アップとコストダウンを意識して動くところは変わりません。
自分の年収分の収益アップとコストダウンを行った経験があれば、どこに行っても通用する人材です。

この2点を意識して行動すれば、自然と実績も付いてきますし、転職面接においても、コミュニケーションや問題意識や解決能力も評価してもらえます。

違いと共通点はこんな感じです。
これを踏まえて、あなたは経理と財務どちらを目指しますか?

以上です。何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク