スポンサーリンク



投資

PEP【ペプシコ】株価・配当・業績まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業概要

ペプシコはニューヨークに本社を置く世界的な食品・飲料メーカーです。
1880年代に薬剤師のCaleb Bradham氏がペプシを考案。
1898年に「Pepsi-Cola」と名付け、1902年に会社設立、翌年特許を取得。
1960年ダイエットペプシを発売開始。
1978年ニューヨーク証券取引所に上場。主力製品に「ペプシ」や「マウンテンデュー」「トロピカーナ」などがあります。
現在は世界200カ国で展開しています。
飲料だけではなく、スナック菓子のフリトレーも有名です。

株価・配当・利回り

2018.6.27現在
株価 108.52ドル
1株配当 3.71ドル
利回り 3.433%

セグメント売上

[visualizer id=”357″]
バランスの良い売上構成になっています。
このあたりはライバルのKOと若干ことなりますね。

地域別売上

[visualizer id=”358″]
アメリカだけで半数を超えています。
北米はコカ・コーラのイメージでしたが、ペプシが優勢のようですね。

売上・利益率推移


営業利益率の推移こそKOに劣りますが、売上高やその他利益は素晴らしいです。

自己資本率推移


10%台です。
ここは20%台のKOに軍配が上がりますね。

成長率


売上や営業利益の成長にはまだまだ可能性が残されています。

1株あたり利益


利益効率はいいですね。

キャッシュフロー推移


営業CF100億を推移。フリーCFも50億以上を維持し、キャッシュは潤沢です。

トータルリターン

出典:Stock Price.com

10年間1万ドルと配当投資をすると、+125.31%の資産成長。
年間平均リターン8.46%です。

まとめ

PEPの現状をまとめてみました。
年間リターンは2桁を下回っており、KOと同じく投資対象としてはいまいちかなという印象でした。
競合会社のKOと比べると、売上が高く、営業利益率と自己資本比率が少し低いという印象でした。
新興国への進出が注目点かなと思います。
PEPとKOどちらかに投資するならば、PEPの方が総合的にいいかなという印象でした。

スポンサーリンク
RELATED POST