スポンサーリンク



お金のこと

3人+1匹家族の2019.2家計簿

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は需要があるかわかりませんが、うちの家計簿を公開してみようと思います。
数字は細かいと計算が面倒なので、四捨五入しています。
収入はボーナス時期以外は50万(私+妻育休手当1か月按分)くらいです。
株の収益や配当は、そのまま再投資するので含めていません。

スポンサーリンク

家族構成

私 サラリーマン
妻 育児休暇中
子 7か月の男の子
愛犬 マルチーズ×トイプードルの4歳の女の子

2019.2月家計簿

 

家賃59,000
携帯12,000
通信費4,500
光熱費12,000
保険19,000
投資38,000
食費28,000
日用品費13,000
子供用7,000
愛犬用0
趣味・娯楽費3,500
衣服・美容・医療費9,000
交際費67,000
妻こづかい30,000
奨学金15,000
その他(現金引出等)0
支出合計317,000

各項目解説

家賃は間取り3DK、駅から少し離れて築年数がそれなりのペット可物件でこの値段です。
クレジットカード払いなので、ポイントも貯められます。

携帯代は私がマイネオで妻がドコモを使っています。
マイネオは3GBの契約で1,500円ほど、残りが割賦代込みのドコモの料金です。

通信費はプロバイダーのソネットです。

光熱費は、電気代とガス代のみです。水道代は来月になります。
電気8,000円ガス4,000といったところです。
電気はENEOS電気に変えましたが、ガスは集合住宅の為変更できないのが残念です。

保険は私がドル建て終身保険と妻の医療保険の費用です。
他にも私の医療・がん保険が年1払いであります。
医療保険は加入するつもりがなかったのですが、もしもの時に先進医療を受けたかったので加入しています。
がん保険は悪性ではなかったのですが、1回腫瘍ができたこともあり、念のためかけておきました。
ドル建ては結婚したこともあり、もしもの時に備えて加入しました。
何事もなければ将来年金のように受け取りができ、米国株の運用に回すことが出来るし、死亡すればまとまった金額が入り、妻子に変わらぬ生活を保障できるので、自分で運用するよりパフォーマンスは悪いかもしれませんが、価値はあると判断しました。
ただし掛け金は必要な金額を算出し、最低限の金額にしています。

投資は私と妻のiDeCoと楽天証券で積み立てている楽天VTIの費用です。
※現在運用中の米国株やETFの売却益・配当から再投資した分はこの項目には入れていません。
私は23,000円、妻は育休中なので控除がもったいないですが、期間分散を考え5,000円にしています。

食費は特に語ることはありません。
子供が大きくなればその分増えていくと思います。

日用品はオムツを買いだめしたので来月以降はもう少し減ります。

子供用の費用は主におもちゃや絵本、コンセントカバーなどの備品です。

愛犬用は餌代や狂犬病・ワクチンなどの注射代、トリミング代なのですが、当月は利用がなかったです。

趣味・娯楽費は私が自由に使うこづかいみたいな項目です。

衣服・美容・医療費は私の美容院代やコンタクト分です。衣服はたまにまとめて買ったりします。

交際費はお宮参りやお食い初め等のイベント為飛行機代を出したため高額になっています。

こづかいは全額妻の分です。
私の分は趣味・娯楽費の項目になります。

奨学金は利息なしで毎月この金額です。
あと数年ありますが、利息がないので、キャッシュフローを優先してこのままゆっくり返します。
私の分は完済済です。

まとめ

今月は支出が30万を超えていますが、いつもは25万くらいです。
ほぼすべてをカード払いにしているので毎月ポイントが凄く貯まります。
メインはp-one wizというカードなのですが、Kyashというカードが使えるところではKyash+楽天カードで2%還元をいただいています。
機会があれば、p-one wizやKyash 格安SIMや電気会社の記事も書いてみようと思います。

スポンサーリンク
RELATED POST