スポンサーリンク



ブログ関係

オススメ記事:関連コンテンツと同じ広告ユニットを開設してすぐ使う方法

スポンサーリンク

こんにちは。

グーグルアドセンスには関連コンテンツという一定のPV数と記事数などの条件をクリアしたサイトしか使えない、便利な広告ユニットが存在します。

アドセンス収益を増やせる効果的な機能なので、アドセンスに合格した人が関連コンテンツの解放を次の目標にしている人も多いのではないでしょうか。

実はこの関連コンテンツと似たユニットを最初から使うことができることが分かりました。

今日はそのやり方をお伝えします。

スポンサーリンク

関連コンテンツとは

関連コンテンツユニットとは、サイト内の関連記事の場所に、あたかも関連記事かのように広告を自然な感じで表示してくれる機能で、設置するだけでクリック率がとても高くなるのでアドセンスの収益が大きくアップします。

関連コンテンツ解放の条件を探ってみる

関連コンテンツは誰にでも使えるものではなく、一定のPV数と記事数をクリアして、グーグルから認められた場合のみ使える広告ユニットになります。

解放タイミングは人によって異なり、トータルPV数が1万以上で記事数が100~300以上、アドセンスの振込が完了した翌月から使えるようになったという意見が多いようですが、具体的な条件はどこにも記載されていません。

スポンサーリンク



関連コンテンツを使うやり方は?

では本題に戻ります。

本来一定の条件をクリアしないと使えない関連コンテンツですが、実は、自動広告機能を使うと、疑似関連コンテンツを使用することが出来ます。

自動広告はGoogleが自動的に効果的な位置に広告を表示してくれる機能です。

この機能に実は関連コンテンツも含まれていて、自動広告を設置することで、関連コンテンツが解放されていなくても使用することができます。

しかしながら、あくまで自動広告なので常に関連コンテンツを表示させることはできないのでご注意ください。

たまに表示させる程度です。

それでも、記事下に自動広告を設置すると、明らかにクリック数が変わってきますので、関連コンテンツが解放されるまでは、有効な手段だと思います。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST