スポンサーリンク



ブログ関係

サイト運営者必見!SEOとSNSを意識した記事タイトルのつけ方

スポンサーリンク

こんにちは。

今日はSEOについての勉強です。

もしアドセンスで稼ぎたいのであれば、記事を読んでくれる読者さんは当たり前として、検索エンジンに好かれないといけません。

検索エンジンに好かれるとはつまりSEOのことであり、SEOにおいて非常に重要なのが記事タイトルなんです。

ただSEOだけを意識すれば良いということではなく、ツイッターなどのSNSによる拡散は、サイトを運営するにあたって避けては通れません。

今日はSEOとSNS拡散を両立した記事タイトルのつけ方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

SEOに効果的な記事タイトルのつけかた

記事の内容を簡潔に説明したタイトル

基本的には、記事の内容を簡潔に説明した内容かつ、記事を読むことで得られる利点をタイトルにすることを常に心がけてください。

これを意識するだけで読者が読みたくなる記事タイトルになりますし、SEO的にも自然と良いタイトルになります。

記事タイトルは30文字以内

記事タイトルをつけるには、基本的には文字数は短ければ短いほど良いです。

検索結果に表示される記事タイトルの文字数は、32文字前後と言われているので、できれば記事タイトルの文字数は30文字以内に抑えるといいです。

ただし短すぎると魅力的なタイトルをつけるのは難しいので、30文字以内にした方がタイトルもつけやすくなります。

キーワードを最大3つまで入れる

タイトルには必ずその記事の内容を表すキーワードを入れるようにしましょう。

キーワードは多ければ多いほど良いというわけではなく、多くても3つまでにしておくのがベストです。

基本的にはメインキーワード1つに、サブのキーワードを1つか2つ付け加えるぐらいがいいと思います。

キーワードはなるべく前半に

キーワードはタイトルの前半にあるほど効果的です。

とはいえ、あまり前に持っていくことを気にしすぎるとタイトルがおかしくなってしまうので、なるべくタイトルの前半に入れるぐらいを意識しておくといいです。

[aside type=”boader”]SEOを意識した記事タイトルのポイント

・記事の内容を簡潔に説明したタイトルにすること
・記事タイトルの文字数は30文字以内
・記事タイトルに入れるキーワードは3つまで
・キーワードはタイトルの前半に入れる

[/aside]
スポンサーリンク



SNSを使いこなす

昔はサイトを使ってアドセンス収益をあげたければ、とにかく役に立つ記事を書いて、検索結果からアクセスを集めるべきでした。

しかし現在では、SNSの力を使うことが有効だと考えます。

実際に、SNSでの拡散を一番のアクセス源と考えており、それによってアドセンス報酬を稼いでいるサイト運営者の方は多くいらっしゃいます。

TwitterやFacebook等のSNSが普及した今の時代、SNSはアクセスを増やし、アドセンス収益を増やしてくれる重要なコンテンツとして考えるべきです。

SEOと拡散を意識した記事タイトルのつけかた

SEOとSNSの拡散の両方を意識する考え方は非常にシンプルです。

例えば投資関連の記事を書くのであれば、「投資家なら当たり前に知っておくべき」とか、「投資家必見!」など軽く煽るような文言をつければいいのです。

この程度のタイトルであれば、読む人にも不快感がないですし、むしろ「なに!? どんな内容だ?」と興味を持ってくれることが多いです。

これだけでSEOもSNSも意識した記事になります。

スポンサーリンク


まとめ

あらためまして今回の記事をまとめると、
[aside type=”boader”]SEOとSNSを意識した記事タイトルのつけ方

・記事の内容を簡潔に説明したタイトルにすること
・記事タイトルの文字数は30文字以内
・記事タイトルに入れるキーワードは3つまで
・キーワードはタイトルの前半に入れる
・軽く煽り文句をつける
[/aside]

これらのことを意識したタイトルをつけましょう。

私は投資とサイト運営は同じだと思っています。

どちらも継続して行えば、収益はどんどん増えていくからです。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST