スポンサーリンク



ブログ関係

アドセンス収益が高い時期って知ってますか?稼げる月と稼げない月の理由は?

スポンサーリンク

アドセンス収益には稼げる月と稼げない月というのが存在します。

今月のアドセンス収益はすごいなーと思っていたら、翌月には半分くらいになることもあったりするのがサイト運営の宿命です。

今日はアドセンス収益が高い時期と稼げない時期の原因を紐解いていきます。

スポンサーリンク

時期によるアドセンス収益の違いと理由

時期によってアドセンスが違うのは、アドセンスの単価(CPM)が異なるのが原因です。

アドセンスは広告を出している企業がいて、クリック単価も各企業が設定しています。

多くの企業では四半期ごとに決められた予算枠があり、その予算に合わせて広告料や単価を変えて売上及び利益を伸ばそうと考えています。

つまり、企業の予算がたくさんあり、広告に割り振れるお金がたくさんある時期は、おのずとアドセンス収益も高くなるのです。

スポンサーリンク



アドセンス単価(CPM)が高い時期

では、具体的に何月のアドセンス単価(CPM)が高く稼ぎやすいのでしょうか。

それはずばり、3月7月12月が稼ぎやすい時期だと言われています。

3月は国内企業が決算月のことが多く、予算を使いきれなかった企業が使い切ろうとしたり、コストをかけてでも売上を上げようとする企業など、広告にお金を割く企業が多くアドセンスの単価が高くなるようです。
新学期の準備であったり、決算セールがよく行われる時期で消費も多い月です。

7月はボーナス時期で、暑さは消費を活性化させるといいます。
このタイミングにおいても広告にたくさんお金を割くと言われています。
ちなみにコンビニは7月の売上が一番高いことが多いです。

12月は多くの企業がボーナスを従業員に還元し、クリスマスや年末商戦など一年で最も売れる時期なので、そのタイミングに各企業も広告に予算を使うためです。
また、米国企業は、12月決算が多く、このタイミングで広告を仕掛け、一気に売上を稼いでくることが多いようです。
スポンサーリンク


アドセンスの単価が低い時期

アドセンス単価が高い時期があるということは、低い時期もあります。

具体的には4月と1月がアドセンスの単価も低く稼ぎにくい月というのが一般的です。

アドセンスで稼ぎやすい月の3月と12月の翌月にあたる月です。

企業が広告にお金をかけると、その反動で抑えられるというのは、我々個人がお金を使い過ぎて、次の月は消費を抑えるという行動と似ていますね。
したがって4月と1月にアドセンス収益が下がるのも納得です。

また、2月と8月はモノが売れない時期と言われており、この時期も単価は下がることが多いです。

入れない時期に広告に費やしても仕方ないですからね。

以上です。

この記事が何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST