スポンサーリンク



ブログ関係

覚えておいて損はない!レスポンシブ広告のサイズや形を指定する方法

スポンサーリンク

アドセンス広告にはサイズや形が違ういくつかの広告タイプがあることを知っていますか?

その中には、レスポンシブ広告というWEBサイトの横幅に応じて、自動的にサイズを調整してくれるアドセンス広告があります。

このレスポンシブ広告ですが、実は良い点がある一方でちょっと困った部分もあるのです。

この記事では、アドセンスのレスポンシブ広告で、覚えておいて欲しい活用法についてお伝えします。

この記事を読見終えると、レスポンシブ広告を自由自在に扱えるようになりますよ。

スポンサーリンク

レスポンシブ広告のメリット

レスポンシブ広告ユニットには以下のようなメリットがあるとしています。

・閲覧する端末の画面サイズに合わせて、最適な広告を表示する
・画面の向きが変わると、適切な広告サイズに調整される
・コードがシンプルにできる

これらのユーザーメリットがあることにより、Googleはアドセンスのレスポンシブ広告の使用を推奨しています。

レスポンシブ広告の不満点

レスポンシブ広告はメリットだけではありません。

いくつかの不満店もあります。

それは、広告サイズがバラバラなことです。

最近はスマホやタブレットにも色んなサイズがあります。

基本的にはレスポンシブ広告を使うのがオススメです。

しかし、アドセンスのレスポンシブ広告は、表示される広告サイズがバラバラなのです。

したがって、表示しないでほしい広告サイズが表示されることがあります。

例えば、記事中に正方形の広告を表示して欲しいのに、長方形の広告が表示されることもあります。

あるいは、ヘッダーに長方形の広告を表示してほしいのに、正方形の広告が表示されることもあります。

このようにレスポンシブ広告では、画面に合わせて自動で調整してくれますが、広告のサイズに関しては不満な部分があります。

スポンサーリンク



レスポンシブ広告のサイズや形を指定する方法

レスポンシブ広告は、上記のような不満点がどうしても起きてしまいます。

しかし、これから紹介する対策をすると、レスポンシブ広告のサイズや形を指定できるのです。

非常に便利なので是非覚えてください。

アドセンスのレスポンシブ広告を正方形に指定する

レスポンシブ広告ユニットで表示されるアドセンスを、正方形のレクタングル広告に指定する方法です。

レスポンシブ広告のコードに【auto】と記載された部分があるので、その部分を【rectangle】に変更すれば完了です。

これだけです。

アドセンスのレスポンシブ広告を横長の長方形に指定する

レスポンシブ広告ユニットで表示されるアドセンスを、長方形の横長の広告に指定する方法です。

レスポンシブ広告のコードに【auto】と記載された部分があるので、ここを【horizontal】に変更するだけです。

アドセンスのレスポンシブ広告を縦長の広告に指定する方法

レスポンシブ広告ユニットで表示されるアドセンスを、長方形の縦長の広告に指定する方法です。

レスポンシブ広告のコードに【auto】と記載された部分があるので、ここを【vertical】に変更すれば完了です。
スポンサーリンク


今回のまとめ

最後に今回の内容をまとめておきます。

レスポンシブ広告のサイズや形の指定方法

rectangle:正方形のレクタングル広告
horizontal:横長の広告
vertical:縦長の広告

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST