スポンサーリンク



ブログ関係

アドセンス収益を2倍にするリンクユニットを導入しよう!

スポンサーリンク

アドセンスには色んなタイプの広告がありますが、今回ご紹介する広告ユニットはリンクユニットという広告です。

現在レスポンシブやレクタングル広告が主流の方が多く、知らない方も多いかもしれません。

実は運営するサイトにもよりますが、かなり収益効果が高い広告ユニットです。

実際に私のサイトでもリンクユニットを設置していますが、導入前と導入後では収益が大きく向上しています。

この記事では、リンクユニット広告についてご紹介します。

スポンサーリンク

リンクユニットとは?

リンクユニットとは、アドセンスの広告ユニットの1つで、記事に関連する複数のワードが表示されています。

リンクユニットに表示される単語をクリックすると、クリックした単語に関連する広告が表示されます。

リンクユニットは表示されているワードをクリックするだけでは報酬になりません。

ワードクリック後に、表示される広告をクリックして、始めて収益が発生します。

2回もクリックするとなると収益性が悪そうですが、ユーザーがクリックしたワードに関連する広告が表示されるので、興味を示してくれる可能性が高いとされています。

リンクユニットのワードには、ユーザーの関心と関連性の高いものが選ばれます。

ユーザーは関心のある広告ワードをクリックするため、クリックした後に表示される広告には、さらに強い関心を持ってもらえる可能性があります。

スポンサーリンク



リンクユニットの収益効果

リンクユニットの収益効果についてですが、体感で2倍近くの収益アップになっています。

投稿記事やカテゴリーによってもかなり差がありました。

リンクユニットのクリック率(CTR)が高い理由

リンクユニットがかなり効果的な広告であることは説明しましたが、他の広告ユニットに比べてもかなりクリック率(CTR)が高いのが特徴です。

リンクユニットをクリックして表示される画面は広告がメインですし、興味を持ってクリックしたワードに関連する広告が表示されているので、リンクユニットのクリック率は高くなるという訳です。

スポンサーリンク


リンクユニットの取得方法

アドセンスの管理画面から「広告の設定」→「広告ユニット」をクリックします。

続いて「+新しい広告ユニット」をクリックします。

「テキスト広告とディスプレイ広告」をクリックしてください。

続いて広告タイプを選ぶ画面で「リンク広告」を選択し、最後に広告サイズを選択すればリンクユニットの取得は完了です。

リンクユニットの効果的な配置

リンクユニットのよくある設置は、PCサイトのヘッダー下付近に設置してメニューっぽくすることです。

ただ最近は、リンクユニットもレスポンシブデザインに対応していることもあって、スマホサイトにも使いやすくなっています。

したがって、アイキャッチ画像の下辺りに設置しても見栄えが良いです。

スポンサーリンク



リンクユニットは設置の仕方やサイトによって合う合わないがある

高い収益効果のあるリンクユニットですが、すべてのサイトで同じような効果が出るとは限りません。

中にはリンクユニットを使うことで収益が下がることもあるので、導入後は必ずデータを検証しましょう。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST