スポンサーリンク



ブログ関係

【CPC】アドセンス単価を上げる4つのポイント

スポンサーリンク

今日はアドセンスの単価を上げる方法をご紹介します。

ブログで稼ぐにはブログのアクセスを伸ばすことが定石です。

しかし、1クリックあたりの単価を上げるのも収益を上げる効果的な方法です。

この記事では、ブログのクリック単価を上げつつ、アドセンス単価を上げるための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アドセンスの単価を上げる方法

アドセンスの単価を上げるために実施すべき方法は以下の通りです。

アドセンスのCPMを上げるポイント
・誤クリックを減らす
・広告単価の高いテーマを選ぶ
・広告サイズを意識する
・クリック率を上げる

では1つずつ解説していきます。

スポンサーリンク



誤クリックを減らす

よくアドセンスの誤クリックを狙った広告配置を行っているサイトがあります。

しかし、アドセンスの単価を下げる結果になる場合があるので注意しましょう。

広告を誤ってクリックした読者というのは、広告先のサイトをみたり、商品を買ったりすることはまずないです。

つまり成約率の低下に繋がるのです。

真相はGoogleしかわかりませんが、成約率が低いサイトというのは、アドセンスのアカウント単位で単価が低くなるとの噂もあります。

そのため、誤クリックでもいいから広告を踏ませるという考えはよくありません。

しっかりと広告の内容に興味を持ってもらい、広告を見てもらうことが重要というわけです。

広告提供者は広告をクリックされるごとに広告費を払う仕組みになっています。

したがって、誤クリックは、広告提供者にとっても全く嬉しくないのです。

つまり、広告提供者のことを意識したアドセンス運営が大切になってくるという訳です。

スポンサーリンク


広告単価の高いテーマを選ぶ

以前Googleアドセンスの公式動画で言われていましたが、犬のドッグフードの広告と高価な時計の広告では、アドセンスの単価は違うという話があります。

当たり前ですがドッグフードの広告の方が単価が低く、高価な時計の広告のほうが単価が高くなります。

アドセンスはオークション形式での出稿のため、競合が多い分野や商品が高額なものほど、競争が激しくなります。

そのため、アドセンスはコンテンツにマッチした広告を表示するので、単価の低そうなテーマより、高そうなテーマに絞って記事を書く方がアドセンス単価は高くなるという訳です。

不動産やブランド物、投資関連のアドセンスは単価が高いです。

ただ、ブログは好きなことを書くのが1番なので、あまり意識しすぎるのもよくないかなと思います。

スポンサーリンク



広告サイズを意識する

アドセンスの平均単価を上げる1つの方法として、単価の高い広告サイズを選ぶことが重要になってきます。

基本的にはテキスト広告よりもイメージ広告のほうが単価が高く、より大きなサイズの広告のほうが単価が高い傾向にあります。

アドセンスの広告はオークション形式で出稿されています。

競合率が高いサイズを選ぶこと非常に重要です。

そのため、基本的にはアドセンスのサイズはGoogleが推奨しているサイズを選ぶようにするといいでしょう。

推奨しているサイズの中でも特に336×280の広告ユニットは広告枠の競合率が高いです。

したがって、収益アップにもつながるのでパソコンサイトではこのサイズを積極的に使うといいです。

スポンサーリンク


クリック率をあげる

アドセンスの単価を高くするためには、クリック率をあげることが重要であるとも言われています。

クリック率を高めるには様々なものがありますが、やはり広告の配置を意識することが重要です。

ただし、ブログのデザインや構造によってもベストな広告配置は変わってくるので、自分のサイトに合った配置を試行錯誤しましょう。

アドセンスの単価をあげる絶対的な技はありません。

大切なのはアドセンスの仕組みを理解し、アドセンスというサービスの本質を考えることです。

読者にとって価値あるブログを作っていくことが1番の近道だと思います。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST