スポンサーリンク



ブログ関係

Google AdSenseを学ぼう!広告のクリックがないのに収益が発生する理由とは?

スポンサーリンク

アドセンスは広告をクリックされることで始めて収益になります。

しかし、クリック数が0なのに、なぜか数円収益が表示されることがあります。

なぜクリックされていないのに収益になっているのか、不思議に思ったことはありませんか?

今日はこの疑問について、解説していこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンスはクリックされなくても収益になる

いきなり答えを言ってしまうのですが、アドセンスの中には、広告が表示されるだけで、収益が発生する広告が存在します。

表示されるだけで収益になる広告には、以下なようなものがあります。

表示されるだけで収益になるアドセンス広告

インプレッション広告
アクティブビューインプレッション広告
エンゲージメント広告

これらの広告については以下で詳しく解説していきます。

スポンサーリンク



インプレッション広告とは

広告業界でのインプレッションとは広告の表示回数を意味します。

つまりインプレッション広告とは、広告の表示回数に対してお金を支払う広告です。

したがって、アドセンスを設置したサイト運営者は、広告が表示されるだけで収益が発生します。

アクティブビューインプレッション広告とは

インプレッション広告より、さらに質の高い広告に、アクティブビュー型インプレッション広告というものがあります。

これは、表示回数に応じて支払うインプレッション広告とは違い、少なくとも50%以上の広告が、最低1秒間以上表示された場合に支払うタイプの広告です。

つまり、閲覧者が広告が表示されて1秒以上視認した場合に、始めてアドセンスの収益に繋がります。

スポンサーリンク


エンゲージメント広告とは

インプレッション広告と似たような広告で、エンゲージメント広告という形式の広告があります。

エンゲージメント広告は、新たなユーザー層にメッセージをアピールして関心を引き付けることができる、高機能なインタラクティブ フォーマットです。

収益が発生するのは、広告にカーソルを合わせて広告ユニットを展開すること、動画を再生すること、コンテンツをタップすることで発生します。

つまり、エンゲージメント広告では、ユーザーが広告にカーソルを2秒以上合わせて広告の展開もしくは動画が再生されたタイミングで、支払うタイプの広告です。

規模が大きいサイトで見かけられます。

このような広告をエンゲージメント広告と言います。

ユーザーが能動的に広告を展開するため、広告内容に関心のあるユーザーのみがアプローチできる広告になっています。

これらの広告はブログにも積極的に導入したいのですが、そうはいかないみたいです・・・
スポンサーリンク



インプレッション広告やエンゲージメント広告は任意で設定できない

クリックされなくても収益になるなら、使いたいと考える人も多いでしょう。

しかし、インプレッション広告もエンゲージメント広告も、アドセンス利用者が自由に設置することはできません。

ディスプレイ広告に表示されることもありますが、あくまでランダムに表示させているだけなので、任意で設定出来るわけではありません。

まとめ

広告のクリックがないのに収益が発生する仕組みについて解説しました。

アドセンスには様々なタイプがあることが分かったと思います。

あとはアドセンス収益を高めるためにアクセスを集めましょう。

アクセスを集めることを常に意識してサイトを構築すれば、広告がクリックされる、されないに限らず、収益は自然と伸びていきます。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。  

スポンサーリンク
RELATED POST