スポンサーリンク



投資

MSFT【マイクロソフト】株価・配当・業績まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業概要

NASDAQに上場してます。
ビルゲイツは有名ですが、もうだいぶ前に第一線から身を引いており、現在は技術アドバイザーとなっているようですね。
経営者の交代がうまくいっている良い例で世代交代後はトンプソン会長とナデラCEOが頑張っています。

スタンダードプアーズ(S&P)格付けは、ジョンソン&ジョンソンと同じAAAの最上位ランクです。
このランクはたった2社だけです。

株価はここ10年くらいで3倍程度、配当は4倍になっています。
現在100ドルをうろうろしてます。株価上昇により利回りは2%を切っています。

配当性向は50%後半、連続増配は15年で年平均10%超えしてます。

ハイテク株なのでボラティリティは大きめですが、しばらくすると元に戻っていることが多いです。
それだけいろんな人に買われているということですね。

製品とサービスはWindowsが有名ですね。Officeを使用している方も多いでしょう。

しかしながら売上高の比率はこのようなパソコン機器やソフトだけではないのです。
クラウドサービスやハードウェアサービスへうまく参入しており、シェアも確立しています。

株価・配当・利回り

2018.6.27現在
株価 99.75ドル
1株配当 1.68ドル
利回り 1.6956%

セグメント売上

[visualizer id=”386″]
OEMで387億7300万ドル、Officeで304億4400万ドル、サーバーで274億4000万ドルを稼いでいます。
各セグメントでしっかり売上が出せる体制になっています。

地域別売上

[visualizer id=”387″]
アメリカで過半数の452億4800万ドル。
その以外の地域で447億200万ドル売上げています。

売上・利益率推移

出典:stockclip.net

ほぼ右肩上がりの売上に20%以上の営業利益率。
さすがAAA格の企業です。

自己資本率推移

出典:stockclip.net

40~50%の高水準を維持しています。

成長率

出典:stockclip.net

波がありますが、再び伸び始めています。

1株あたり利益

出典:stockclip.net

利益効率は少しづつ回復しています。

キャッシュフロー推移

出典:stockclip.net

キャッシュフローに関しては営業キャッシュフロー、フリーキャッシュフローともに素晴らしく、本業できっちり稼ぎ資金が潤沢です。
そろそろ自社株買いをしてくれそうです。

トータルリターン

出典:Stock Price.com

10年間1万ドルと配当投資をすると、+354.91%の資産成長。
年間平均リターン16.36%です。
すごい伸びですね。

まとめ

マイクロソフトは今を時めくハイテク株で、なかなか手を出しづらい人もいるかもしれません。
しかしながら、マイクロソフト程の規模、財務指標であれば、まずつぶれることもないでしょうし、安心して長期保有し良い結果をもたらしてくれることでしょう。

スポンサーリンク
RELATED POST