スポンサーリンク



お金のこと

格安SIMに切り替えて固定費削減!マイネオのメリットデメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちは。

毎月の通信費って、年間にするとけっこうな金額になりますよね。

特に3大キャリア、DoCoMo・au・SoftBankだと毎月6,000〜7,000円くらいします。

年間に換算すると60,000〜72,000円です。

これってけっこうな金額になりますよね。

私は格安SIMのmineoを使い始め、月額5,000円の通信費削減に成功しました。

年間では60,000円の固定費削減です。

この記事は、格安SIMって気になってるけどよくわからない人、どんなメリットとデメリットがあるのか知りたい人向けの記事になっています。

スポンサーリンク

SIMカードって何?

SIMカードとは、携帯端末やタブレットに入っている、ICカードのことを言います。

モバイル回線を利用して、通話やインターネットをするには、必須になります。

MVNOとは?

DoCoMo・au・SoftBankが持っている回線を間借りしてサービスを展開する事業者をMVNOと言います。

MVNOは大手通信キャリアとは違い、自分たちで回線を増設したり維持はしません。

一定の回線数を借りているだけなので、MVNOは通信料を安くでき、格安SIMと呼ばれているのです。

MVNOにはmineoやLINEモバイル、楽天モバイルなど何十社もあります。

SIMカードとは?

SIMには音声通話+データ通信のSIMとデータ通信のみの2種類があります。

通話をしたい方は、音声データ+データ通信を選んでください。

タブレットだけでよいという人は、データ通信のみで大丈夫です。

またSIMカードにはサイズがあって、利用する端末により大きさが異なります。

標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類があります。

格安SIMはこの3つの中からサイズを選ばないといけないのですが、実はnanoSIM一択でよいのです。

通常、端末によって適した大きさのSIMでないと使えません。

したがって、機種変更によってSIMの大きさが変わった時、再発行手数料がかかります。

大きいSIMから小さいSIMは使えませんが、小さいSIMから大きいSIMへは、大きさを変更できる変換アダプタがあります。

乾電池の単4を単3に変えるのと同じ原理です。

値段も数百円なので、nanoSIMを選んでおくことをオススメします。

スポンサーリンク



マイネオに変更するメリット

通信費が安い

まずは下記の一覧をご覧ください。

価格は税抜き表示で、データ容量は標準の3GBで比較しています。

DoCoMo回線のDプラン

・データ通信+音声通話 3GB 1,600円
・データ通信 3GB 900円

au回線のAプラン

・データ通信+音声通話 3GB 1,510円
・データ通信 3GB 900円

SoftBankのSプラン

・データ通信+音声通話 3GB 1,950円
・データ通信 3GB 990円

このように、とても安い価格で利用することができます。

その他データ容量プランはこちら

大手通信キャリア回線全てに対応

mineoはDoCoMo au SoftBankそれぞれの回線を利用したプランがあります。

格安SIMでこのように全てのキャリア回線(トリプルキャリア)に対応していることは稀です。

DoCoMoならDプランauならAプランというふうに、どのキャリアを利用していても、今のスマートフォンのままmineoに乗り換えることが可能です。

余ったデータ容量を繰り越せる

mineoは余ったデータ容量を自動で繰り越すことができます。

最大で3GBまで繰り越すことができます。

次月のデータ容量は、繰り越された分から先に使用していくので無駄がありません。

登録したメンバーでバケットをシェアできる

先程の余った繰越データ容量は、パケットシェア機能を使って、メンバー同士でシェアすることができます。

このメンバーは事前に登録が必要で、5つの回線まで登録できます。

フリータンクで月1GBまで引き出せる

フリータンクはmineoユーザーが余ったデータ通信を寄付して貯めておくタンクです。

このタンクから毎月20日以降から月1GBまで受け取ることが可能です。

最近は受け取るだけの人が多くなってきているようで、mineo側も少しずつ制限を設けるようになってきました。

受け取るばかりではなく、余った時は寄付するようにして、タンクが空にならないようにしていきたいですね。

格安SIMでは珍しい家族割がある

mineoには格安SIMでは珍しい家族割があります。

契約後の手続きになりますが、1ユーザーにつき月50円の割引が適用されます。
※夫婦なら月100円割引

最低利用期間と解約違約金がない

mineoには最低利用期間がありません。

解約違約金もかからないので、気軽に始められて、いつでも転出が可能です。

しかし、契約から1年以内にMNP転出すると、11,500円かかるので注意してください。

スポンサーリンク


mineoのデメリット

インターネットを長時間利用するユーザーには向かない

mineoの安さは、データ容量の利用が少ない時に発揮されます。

動画視聴などにより、大量のデータを利用する場合の料金設定は、大手3大キャリアとそれほど変わりません。

動画はWi-Fi環境で利用する人や、スマートフォンで動画をほとんど観ない方には、メリットが多いです。

必要に応じてデータ回線を通常・低速に切り替えて、毎月データ容量を繰り越している方もいらっしゃいます。

実店舗が少ないので、初期設定や問題は自分で解決しなければならない

MVNOは低価格でサービスを提供するために、店舗をほとんど持ちません。

手続きはネットから、サポートを受けたい時は電話かメールが基本になります。

支払い方法はクレジットカードのみ

mineoは基本クレジットカード払いしか出来ません。

申込の時点から必要になります。

テザリングが使えない端末がある

格安SIMでテザリングはほぼできないと考えてください。

対応している端末もありますが、動作が安定しなかったり、動作確認が取れていないものも多く、期待しないほうがよいです。

テザリング対応端末の検索はこちら

混雑時は回線が遅くなりやすい

MVNOは3大キャリアから回線を借りているので、回線が混雑してくるお昼時や、夕方の帰宅時間頃には回線が遅くなることがあります。

とはいっても、LINEやブログを閲覧するレベルでは何も問題はありません。

動画視聴はWi-Fiに接続してないと厳しいものがあります。

キャリアメールは使えない

当たり前の話で申し訳ないですが、キャリアが変わるので@docomoやezwebのようなメールアドレスは利用できなくなります。

普段使いのメールをヤフーやGmailにしておくとさほど問題ではありません。

電話かけ放題プランはない

mineoには電話かけ放題プランがないので、電話をたくさんしたい人には大きなデメリットです。

しかし、現在はLINE通話のようなインターネット回線を利用した通話があるので、あまり問題ではないかもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

mineoは毎月の利用料も安いですし、どのキャリアからも移ることができます。

転出する際も違約金がないので、気軽に始めても大丈夫です。

一般回線とデータ容量を使用しない低速回線の切り替えもボタン一つでできるので、データ容量を温存した使い方もできます。

毎月の固定費を少しでも安くしたい場合は、格安SIMのmineoを検討してみてください。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST