スポンサーリンク



お金のこと

【ENEOSでんきの評判は?】電力会社を変更して電気代年間7,000円節約

スポンサーリンク

こんにちは。

電力自由化で様々な電力会社を選べる時代になりました。

しかし、まだまだ普及率は低く、東京電力を利用している人が多いです。

電気代は毎月かかるし、夏や冬はすごく高くなって明細を見てびっくりすることってありますよね。

とはいっても、夏に冷房は欠かせないし、冬は暖房がないと寒くて辛いし我慢できないですよね。

それなら、何も我慢せずに安くしちゃいましょう!

この記事は、電気代を安くしたいけど、新電力や電力自由化ってちょっとよくわからなくて心配だな・・・

契約って難しいのかな・・・

と悩んでいる方のための内容になっています。

そのうえで新電力の1つであるENEOSでんきの評判についてまとめます。

スポンサーリンク

電力自由化って?

もともと電気は、東京電力や関西電力などの各エリアの電力会社からしか買うことが出来ませんでした。

しかし、2016年4月の法改正により、いろいろな電力会社から電気を買うことが出来るようになりました。

各家庭に届けられる電気は、今まで使用していた送電網を使って届けられるので、電力会社を変更しても電気の質に何の問題もありません。

ということは、電気の質に変わりがないのであれば、少しでも安いほうがお得ということですよね。

電力自由化によるメリット・デメリットはあるのか?

電力自由化のメリット

電力自由化は、様々な小売り事業の参入を促します。

したがって、各社いろいろなサービスやプランを用意してくるので、価格競争を促し、電気料金の値下げが期待できます。

電力自由化のデメリット

電力自由化は、多くの家庭に電気料金の値下げ効果をもたらしてくれますが、オール電化の家庭は高くなってしまう可能性があります。

なぜなら、新たに参入した企業には、オール電化プランがないことがほとんどだからです。

スポンサーリンク


賃貸や集合住宅でも契約できるのか?

賃貸住宅や集合住宅でも電力会社は変更できるので、ほとんどの家庭で電気料金を下げることが可能です。

ただし、マンション一棟で電力会社を契約する一括受電契約の場合は変更できないので注意してください。

一括受電契約とは、集合住宅全体を1契約者としてみなし、電力会社と契約している形態のことです。

また、電気料金が家賃に含まれている場合も変更できない可能性がありますのでご注意ください。

電力会社の変更にはスマートメーターが必要

電力自由化によって、新規参入した電力を利用するには、スマートメーターが必要になります。

スマートメーターは、通信機能付きの電力計のことです。

出典:https://www.enecho.meti.go.jp

これまで検針員が訪問して、使用電力を計測していたのですが、通信機能がついているので、訪問する手間が省けるのです。

ちなみに、ご自宅のメーターがスマートメーターでない場合は、新電力の申し込みとともに、交換工事を無料で行ってもらえますのでご安心ください。

立ち合いは不要なことが多いので、勝手に工事が完了することがほとんどです。
スポンサーリンク



ENEOSでんきとは

エネゴリくんのCMでおなじみ、ENEOSでんきです。

ENEOSはガソリンスタンドとして有名ですが、ガソリンの需要が減っていく中で、身近な総合エネルギー企業に生まれ変わろうとしてます。

新電力への参入は、その一環としてです。

2019年3月には電気の申込件数が48万件を突破してます。

全国30カ所以上に発電所を構えており、安定的な電力の供給につとめています。

また、天然ガスなどの環境負荷の少ないエネルギーの使用や、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの活用にも取り組んでいます。

でも一番気になるのってやっぱりどれくらい安くなるのか?ですよね。

そこで、実際にどの程度安くなるのか調べてみたところ、契約者の99%が以前よりも電気代が安くなるという結果になりました。

驚きの料金プランとは!?

まず、ENEOSでんきと東京電力の料金プランを比較していきましょう。

毎月かかる電気代は、基本料金+従量料金×電力使用量で計算できます。

基本料金:必ずかかる最低料金

従量料金:1kWhあたりの料金

電力使用量:当月に使用した電力量の合計

基本料金を比較

基本料金は、契約しているアンペア数によって異なります。

アンペア数が上がれば上がるほど基本料金は高くなりますが、ENEOSでんきと東京電力は、基本料金は全く同じです。

基本料金

10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

スポンサーリンク


従量料金を比較

基本料金はENEOSでんきと東京電力で同じですが、従量料金は違います。

ENEOSでんきの基本プランはVプランで、オプションはにねんとく2割を付けることができます。

2年契約にすることで、従量料金が0.2円安くなります。

さらに、3年目以降は0.3円引きにパワーアップしますので、長期で継続して利用するとお得です。
※2年以内に解約をすると違約金として1,080円かかります

従量料金

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
~120kWh19.52円19.52円19.32円19.22円
120~300kWh26.00円24.09円23.89円23.79円
300kWh~30.02円25.75円25.55円25.45円

 

このように、料金プランによって従量料金が違うことが分かりました。

ただ、これだけだと、どのくらい違うのかまだ分かりづらいですよね。

そこで、世帯人数別の料金を一覧にしてみます。
スポンサーリンク



世帯人数別の料金比一覧

東京電力からの乗り換えで、電気料金がどのくらい安くなるのか、世帯人数別にシミュレーションしてみました。
※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元に試算しています。

一人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間75,564円72,820円72,245円71,958円
差額2,744円3,319円3,606円

2人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間118,622円111,048円110,166円109,725円
差額7,574円8,456円8,896円

3人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間145,227円134,153円133,311円132,793円
差額11,073円11,915円12,434円

4人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間153,099円141,580円140,514円139,980円
差額11,520円12,586円13,119円

5人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間185,648円169,979円168,718円168,087円
差額15,670円16,931円17,561円

6人世帯

東京電力VプランVプラン+にねんとく2割Vプラン+にねんとく2割(3年目~)
年間225,959円204,556円203,026円202,262円
差額21,404円22,933円23,698円

 

以上がシュミレーションです。

ただ、これはモデルケースなので、実際に自分の家だとどのくらい安くなるか知りたいですよね。

そんな方は、事前に料金シミュレーションをしましょう。
スポンサーリンク


ENEOSでんきの料金シミュレーション方法

ENEOSでんきの公式ページには、事前に電気料金のシミュレーションを行うことができます。

ENEOSでんきの料金シミュレーションページ

料金シミュレーションを行うには、検針票が必要です。

毎月ポストに投函される【電力ご使用量のお知らせ】を用意してください。

用意したら、リンクのページから必要事項を入力していきます。

・料金メニュー
・お住いの都道府県
・住居のタイプ
・契約アンペア

最後に、検針票の計測月と電気料金、もしくは電気使用量を入力し、【年間料金の最安値を見る】をクリックします。

このように年間に換算すると、どのくらい安くなるのか具体的に分かります。

スポンサーリンク



ENEOSでんきの良い評判

電気代が安くなる

ENEOSでんきに関する一番多い評判は「電気代が安くなる」でした。

東京電力より料金プランが安いので、今までと同じ電気の使い方をしても安くなります。

無料で駆けつけサービスがついている

ENEOSでんき契約者は、電気関連の困りごとを解消してくれる、便利な駆け付けサービスが無料です。

電気がつかない、電球の交換ができない、コンセントが使えないなど、生活するうえで、様々な電気トラブルはつきものです。

東京電力の駆け付けサービスは1万円以上かかっていましたが、ENEOSは無料で出向いて対応してくれることはありがたいですよね。

電気使用量や請求額がWEBで閲覧できる

ENEOSでんきには、家庭の電気使用量を見える化する「でんきの見える化サービス」が使えます。

会員ページから30分ごとの電気使用量や1日ごとの使用量をグラフで確認することができます。

このグラフを見ると、夏のエアコン(冷房に限る)は、つけっぱなしの方が消費電力が少ないことなどが見てわかります。

このように、リアルタイムでどのくらい電気を使ったのか分かるので、今までよりも節電しやくなります。

ガソリン代が安くなる

ENEOSでんきの特徴と言えば、ガソリンスタンドの給油代が最大8円/L値引きされること。

ENEOSでんきの利用者の多くは、ガソリン代の値引きにメリットを感じているようですね。

ちなみにガソリン代はどれくらい安くなる?

ENEOSでんき契約したからといって、必ずしも全員ガソリン代が安くなるとは限りません。

給油代の値引き条件

値引きを受けるには、

・ENEOSカードというクレジットカードで、電気代とガソリン代を支払う

・ENEOSのガソリンスタンドで給油した場合のみ

・1か月の適用上限は150Lまで

以上の条件があります。

ガソリン代の値引きで一番大切なのは、ENEOSカードですね。

もうすでに持っている方は問題ありませんが、ENEOSでんきでガソリン代もオトクにしたいという方は、まずENEOSカードを作りましょう。

年会費無料のカード(年1の利用条件有)もあるので、検討することをオススメします。

そんなENEOSカードですが、3種類あり、それぞれ給油代の値引き額が異なります。

ENEOSカード

・ENEOSカード S:3円/リットル値引き

・ENEOSカード P:1円/リットル値引き+1,000円ごとにENEOS 30ポイント還元

・ENEOSカード C・NICOS・最大8円/リットル値引き

この中でおすすめなのは、ENEOSカードSです。

ENEOSカード Sは唯一年会費はかかりません。

純粋にガソリン代だけ値引きすることができるカードです。

ENEOSカード P・Cは初年度は無料ですが、2年目以降は1,250円の年会費がかかります。
スポンサーリンク


ENEOSでんきの悪い評判

東京電力エリア・中部エリア・関西エリアしか契約できない

ENEOSでんきは東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア在住の方しか契約することはできません。

今後全国で使えるように改善されるのを期待しましょう。

ENEOSでんき対応エリア

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の富士川以東、長野県、愛知県、岐阜県(一部地域除く)、三重県(一部地域除く)、福井県(三方郡美浜町以西)、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県(赤穂市福浦除く)次拡大中 離島は除く

にねんとく2割プランのみ解約時には違約金がかかる

ENEOSでんきには

・Vプラン
・にねんとく2割
の2つの料金プランがあります。

Vプランは違約金なしでいつでも解約が大丈夫です。

一方、にねんとく2割はVプランよりも1kWhあたりの料金が0.2円お得になるプランです。

しかし、2年以内に解約すると、1,080円の違約金がかかってしまいます。

その代わり、3年目以降は1kWhあたりの料金が0.3円安くなります。

しかし、更新月以外の解約だと違約金がかかってしまうので、長期的に契約する人以外、にねんとく2割はおすすめできません。

支払い方法がクレジットと口座振替のみ

ENEOSでんきの料金支払い方法はクレジットカードと口座振替のみです。

東京電力では、コンビニ支払いや電子マネー決済ができましたが、ENEOSでんきではできなくなっています。

そのため、東京電力にあった口座振替割引(54円/月)はありません。

また、紙の請求書はなくなり、WEB上で確認するか欲しい場合は印刷するしかありません。
スポンサーリンク



東京電力からの変更方法

電力会社の切り替えって難しそうというイメージをお持ちの方。

初めて電力会社を変更するとなるとそう思いますよね。

ですが、東京電力からENEOSでんきの変更はとても簡単です。

なんと変更手順は、ENEOSでんきに申し込むだけです。

東京電力との解約手続きは必要ありません。

ENEOSでんきと契約すれば、自動的に東京電力との解約手続きが完了します。

ENEOSでんきが解約手続きを代行してくれます。

これなら安心して申し込みできますね。

ENEOSでんきの個人的感想

東京電力からENEOSでんきに乗り換えると、電気代がお得になることが分かりました。

私はENEOSでんきを実際に2年程度利用しています。

電気代は何もせずに年間7,000円安くなりました。

特に節電などはあまり意識せずに、ペットと子供のいる部屋は、エアコンや空気清浄機をつけっぱなしにする使い方でしたが、これだけの効果がありました。

また、ENEOSカードで支払えば、給油代も最大8円値引きされます。

シミュレーションしたら、1,000円しか安くならなかったなーという方は、月1,000円の節約でも、年間だと12,000円、10年で12万円もお得になりますよ。

今までと同じ電気の使い方で苦労せずに節約できますし、電力会社切り替えは無料で行えるので、今すぐにでも乗り換えるべきです。

以上です。

何かの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
RELATED POST